江戸東京博物館(2回目)2016/03/12 21:32

最初にここへ来たのは2010年9月。なので約5年半ぶりになります。
前回は時間が足りず、後半十分見られなかったのですが、今回は午前中から入場し、閉館時間の19時半までしっかり見ることができました。
展示内容の質、量ともに素晴らしく、特に凝りに凝ったジオラマが圧巻です。鹿鳴館やニコライ堂、銀座通りのジオラマは、前回見た記憶がないので(見る時間がなかっただけかもしれませんが)、追加されたのかもしれません。
カメラ撮影が許可されているのもうれしいところ。でもフラッシュは禁止されているので、ISO感度を目いっぱい上げる必要があり、愛用のα900では厳しい撮影条件でした。

エントランス

イベントでかっぽれ踊りをやってました。

江戸の町のジオラマ

呉服問屋のジオラマ。リアルです。

お店の内部までジオラマで作り込んであります。

これはジオラマではなくて実物大の展示

港町のジオラマ。

明治の銀座通り。

昭和の敗戦後のジオラマ。

闇市の内部まで再現されてます。

今回、改めて感じたのは、日本人の生活力の逞しさ。明暦の大火、関東大震災、東京大空襲と、すくなくとも3回は江戸の町、東京都心は灰燼と化したにもかかわらず、いずれも不死鳥のように蘇っています。昔も今も、この地に暮らす人々のエネルギーが、都市の活力の源泉なのでしょう。

SONY α900
MINOLTA AF24-50mm/f4

ワイン展~国立科学博物館2015/12/18 22:25

仕事を少し早めに切り上げて行って来ました。


ワインと科学博物館。ちょっと意外な組み合わせです。でも醸造技術は確かにサイエンスだし、葡萄栽培は植物学や園芸技術の分野です。さらに歴史的、文化的側面の解説もプラスされ、思った以上に楽しめる内容でした。唯一残念だったのが、会場内で実際にワインを味わえなかったこと。でもこれは博物館なので仕方ありません。日本で本当のワインが親しまれるようになったのは割と最近のこと。ボージョレヌーボーが珍重されるブームも去り、より本格志向のワインファンが増えてきたと言います。ここでちょっとしたワインの知識を蓄えておけば、酒席などでウンチクを披露できるかもしれません。

ニキ・ド・サンファル展2015/11/03 21:44

夏に行った箱根の「彫刻の森美術館」。そこで大らかで伸びやかなフォルムの巨大な女性の像が、ひときわ印象に残りました。ニキ・ド・サンファルという人の「ナナ」という作品でした。今秋、国立新美術館でニキ・ド・サンファル展が開催されると知り、行ってみました。

「ナナ」シリーズの展示もあり、やはり大胆なフォルムと鮮やかな色彩に満ちた作品が独特の存在感を放っていました。





秋晴れの東京新美術館

帰りは青山公園に立ち寄り、ぶらぶら歩いて六本木へ。

毛利庭園

夕陽に映える東京タワー
 
美術館のデッキで読書もしたし。きょうは芸術の秋、文化の日。

SONY α900
TAMRON 28-300mm/f3.5-5.6

藤岡孝一展2015~シルクランド画廊2015/10/18 17:02

最初に藤岡孝一作品に巡り合ったのが、銀座のシルクランド画廊でした。以来、ここで藤岡氏の作品展が開催されるたびに足を運んでいます。今回はちょっぴり張り込んで、3点を買い求めました。ちょうど藤岡氏がお見えになり、これらの作品について、直接話を伺うことができました。

潮騒

大きな貝殻の傍らに佇む男性。静かに耳を傾けていると、潮騒の音が聞こえてきます。この作品は、「対話」をイメージして作られたのだそうです。対話の相手は、海であり、自然であり、そして自己の奥底から聞こえてくる心の声なのでしょう。

As time goes by

「時が過ぎても」。藤岡氏の好きなスティングの曲のタイトルだそうです。この作品のフォルムは砂時計をモチーフにしたとのこと。見れば、片翼の人物の身体は砂の流れ落ちる漏斗状になっています。なるほど。で、なぜ片翼なのですか、と尋ねたところ、「人は空を飛ぶことはできません。でもイマジネーションがあります。」との言葉。時が過ぎても人は片翼のまま。でも、たとえ片翼でも、人は想像の翼で羽ばたくことができるのです。

Glob

小品ですが、タイトルは「地球」。翼の人がうずくまっているのは、丸い台地。小さな翼ではその全貌を見渡すことはできません。しかし、それは世界のすべてを載せている大地、大いなる地球なのです。想像の翼を広げることで見えてくるもの・・As time goes byと通底するテーマがここにもありました。

藤岡ワールドは、ますます円熟味を増しつつ、新たな世界観を見せてくれます。今回も詩情溢れる作品を心行くまで楽しむことができました。

関連ページ(他の藤岡作品)
Tomorrow
夢の途中
エレジー




モネ展 東京都美術館2015/10/11 18:20

雨の日は美術館日和。特に人気のある展示会のときは、雨の日の朝一番で混雑回避。と思って出かけましたが、さすがモネ展。そうは甘くありませんでした。


定番の睡蓮の作品は、もちろん美しく、安心して鑑賞できました。それが晩年の作品になるにつれ、何とも不完全で荒々しい印象に。解説によると、晩年のモネはほとんど視力を失っていたとのこと。それでも絵筆を持ち、キャンバスに向かい続けたのは、画家としての執念でしょうか。穏やかな作品イメージのモネですが、ここでは、この画家の情熱が素のまま曝け出されていました。もはや絵を見に来たというより、人間モネの生きざまを見せつけられたような気がしました。

山田かまち展2015/09/22 21:40

山田かまちの名前は知っていましたが、作品に接するのは初めて。その豊かな才能と青年らしいナイーブさがとても眩く感じられました。その儚い一瞬が、刻を止めたまま光を放ち続けています。


渋谷ヒカリエにて。

デュフィ・テキスタイルデザイン展2015/09/22 21:23

渋谷の西武百貨店で開催されていました。デュフィがテキスタイル・デザインを手掛けていたとは、知りませんでした。
デユフィらしい、カラフルで華やかな柄から、意外とシックでシンプルな柄まで。多彩なセンスの持ち主であることが分かりました。







SONY NEX5
SONY E16mm/f2.8

庭園美術館 アールデコ展2015/03/21 23:16

東京都庭園美術館開館30周年記念「幻想絶佳:アール・デコと古典主義」展に行ってきました。建物の改装は完了していましたが、庭園はまだ改装中だったのが少し残念。
庭園美術館そのものがアールデコの建築とあって、展示物と美術館が一体となって現代装飾の趣を醸し出していました。


SONY NEX5
SONY E16mm/f2.8

新印象派展2015/03/01 21:24



今日は雨。ちょうどチケットを買ってあった「新印象派展」を観に、上野の東京都美術館に行ってきました。副題に「モネ、スーラ、シニャックからマティスまで」、とありますが、年代でいうと、1886年から20世紀初頭にかけての約20年間のムーブメントだったようです。点描で光と色彩を生み出すこの手法は、作品に独特のリリシズムを与えます。それが現代でも多くの人に愛されている理由なのでしょう。


観終わってから、上野公園内のカフェレストランで食事。いつもは長蛇の列でパスしていましたが、きょうはすんなり入れました。やはり美術館は雨の日に限ります。

SONY α NEX5
SONY E16mm/f2.8

吉川清 作品展2014/03/15 22:45

キイトス茶房の忘年会で知り合った吉川さんの作品展を観てきました。舞台道具の制作が本職とお聞きしましたが、人形制作のプロでもあり、大変多才な方です。
展示されていた作品は、童話の世界に登場するような子供や母親、そして動物達。見る者を心優しくさせる、やすらぎと穏やかさに満ちています。


小さな小さな作品を2つ買い求めました。男の子と女の子。
今は、棚の上にちょこんと座って、かりずまいの我が家の同居人となりました。