アンプの衣替え2014/06/29 18:05

さすがに暑くなってきたので、アンプをLUXMAN L550(初代)からQUAD44+606に切り替えました。この両アンプ、いずれも30年選手で、よく頑張ってくれています。
(L550は1981年、QUQD44は1979年の製造)
いつもフォノアンプが大丈夫か心配しながらスイッチを入れるのですが、今のところ、QUAD44のMMモジュール、MCモジュールとも正常動作しているようです。もっとも多少劣化はしているのでしょうが、こちらの耳の劣化の方が遥かに大きいので、細かいことは気にしません。
MCモジュールはタイプD。たぶん珍しいのではないかと思います。これに適合するカートリッジはフィディリティ・リサーチのFR-1シリーズ。幸いMK3を持っているので、QUQD44ではもっぱらこれを使っています。
問題は、QUQD44に繋いでいるCDプレーヤー、KARIKの調子が悪いこと。音飛びするので、たぶんピックアップの劣化が原因でしょう。このKARIKも20年選手で、LINNも修理終了をアナウンスしています。さてどうしたものか。


マイ・カートリッジ・コレクション2013/01/12 17:15

一昔前、カートリッジ集めに凝っていた時期があり、ヤフオクでせっせと落札していました。いつの間にか結構集まったので、マイ・コレクションを簡単に紹介します。実際にはカートリッジの交換は結構面倒で、そんなにとっかえひっかえ聴いてはません。それでも入手したときに一度はレコードに針を落としていますので、そのときの印象を思い出しながら書いてみることにします。

シュアーV15/3
今でもマニアの間で圧倒的な支持を得ているシュアーV15/3。ワイドレンジで破綻のないプレイバックぶりに安心感があります。このカートリッジについては、拙ブログでカートリッジ~その1にも書いていますが、高域に向かうシャープな切れ味が素晴らしい。

デノンDL103D
今では手元にありませんが、最初はDL103Sを聴いていました。当時からDL103は不動のMCカートリッジで、そのワイドレンジ版が発売されたというので入手したのです。確かに高域の広がりは感じられたのですが、その分音が薄くなった印象で、103の方が良かったかなと思っていました。そこに登場したのがこの103D。103の密度感をそれほど損なわずに広帯域化していました。折り目正しいカッチリした音で、しばらくはこのカートリッジがリファレンスになっていました。

DL-103GL

DL103の金線モデル。限定生産ということもあって、とりあえず確保。音の印象は厚く柔らか。万能タイプではないけれど、女性ボーカルにはよく合いました。

オルトフォンMC20
その後ベストセラーとなるMC20シリーズの初号機。確かに肌理の細かなバランスの良い音だった印象があります。音の出方が何とも滑らかで、クラシックの弦楽器にぴったりでした。

オルトフォンVMS30MK2
これもシュアーV15/3に勝るとも劣らない素晴らしいカートリッジ。MC20ではちょっと大人しすぎるという場合にはこちらをチョイス。ワイドレンジでMC顔負けのクオリティ。適度な温度感があり、ワインを飲みながらお洒落に決めるときはこれかな。

シュアーV15/4

タイプ3の陰に隠れてあまりパッとしない印象のタイプ4ですが、これはこれで別の個性を持っています。タイプ3が外観の華やかな女性だとすれば、タイプ4はとても内面の豊かな女性。タイプ3ほどの刺激はありませんが、じっくりつきあうには案外こちらかも。静かなボーカルものはこれで聴きたい。

グレースF9E
これも良いカートリッジなんですが、ちょっと性格を摑みかねています。ソツなくきれいに音をだしてくれるんですが、本性を隠している感じ?まだ使いこなしがたりないのでしょう。実力を発揮すれば化けるかも、というポテンシャルは感じます。

ADC XLMimproved
実はこのカートリッジはあまり聴いていません。ちょっとだけ聴いたところでは、比較的柔らかく穏やかな表現をするカートリジだという印象。ちょっと個性が薄いかな。

フィデリティ・リサーチ FR1MK3

このカートリッジの形がそう思わせるのか、その音も黒くて筋骨隆々とした男性のイメージ。オールラウンドではないが、ゴリっとした音を聴きたいときはコレと勝手に思い込んでいます。

SATIN M21
自分の中でサテンは伝説のメーカー。ダンパーレス、高出力MCという独自方式がどんな音を出すのか、好奇心一杯で入手しました。しかし実際に音出しをしてみると至極普通の音。ちょっと拍子抜けしました。しかし実はサテンのカートリッジは使いこなしが難しいことでも有名。ちょっと針圧が違うだけでも実力を出せないと雑誌に書いてありました。アバウトなセッティングしかしない自分には宝の持ち腐れなのかもしれません。またそのうちチャレンジしてみようと思います。

アントレーEC1
これも実はあまり聞き込んでいないので正体不明。真面目な音の出方がデノンに似ていた印象があります。

オーディオテクニカ AT-E90
比較的廉価なMM型。このカートリッジが発売されたのはCDが急速に普及した時期と重なったためでしょうか、ほとんど注目されることなく消え去りました。しかし、このカートリッジは大のお気に入り。ワイドレンジ感や音の切れ込みはさほどありませんが、アナログレコードのおいしいところをとても上手に聴かせてくれます。良く唄うカートリッジ、といったらよいのでしょうか。とにかく音が明るく朗々と響き、生身の血肉を感じさせてくれます。隠れた名器だと密かに思っています。

テクニクス EPC-205CMK3

シェル一体型のテクニクスの名品。音は雑味がまったくなく、清清しくクール。ただ、出力がちょっと小さく、ゴミにも弱かったりとデリケートなところがあったので、使用頻度はもうひとつ。

ピッカリング XSV4000
オークションで入手したときから随分痛んでいました。出力が小さく安定しないので、針を交換しようと思いつつ、そのままになっていました。状態が悪いのでまだ判断できません。

ピッカリング XSV3000
これは明確な表現が気持ちよいカートリッジ。シュアーと比べるともう少し骨太で明るい印象。オールラウンドでいけますが、アメリカンポップスに合いそう。

スタントン 881S
スタントンだけどMI型ではなくMM型。音の傾向はピッカリング XSV3000と似ています。ちょっと聴きでは違いが分かりませんでした。またそのうち聴きくらべてみようと思います。

以上ですが、数えたら16個も持っていました。あと、本宅に忘れてきたカートリッジがいくつかあります。エンパイア4000D3とかELACのSTS455Eとか。ということは、実際に使ったのは20種類以上になるでしょうか。
こうやって書いていたら、またオークションをのぞいてみたくなりました。

冬アンプ、Luxman稼動開始2013/01/12 14:03

寒い冬には暖かい音が聴きたくなります。本当は真空管アンプがぴったりなのですが、なかなか手が出ません。真空管アンプは退職後の楽しみに取っておきましょう。
で、石のアンプでもほんのり暖かな音を出してくれるのが、LUXMAN L550。
これまで使っていたQuadシステムは少しお休みして、Luxmanのシステムに繋ぎ換えました。

AMP:Quad44+606
CD:Linn Karik
これまで使っていたQuadシステム。こうやってみるとQUAD606はずいぶん塗装が痛んできました。でも操作するところがないので、見えないところに隠してしまう手もあります。

AMP:Luxman L550
こちらが繋ぎ換えたLuxman L550。これを冬用アンプとしている理由はもう一つ。A級アンプなので発熱がすごいのです。節電が叫ばれていた夏には使うことができませんでした。このアンプが作られたのは1980年バブル華やかなりし頃。当時、将来電力に不足する時代が来るなんて想像もしていませんでした。
当時はまだCDが登場しておらず、セレクタにもCDポジションがありません。そのかわり、Phonoが3系統もあり、1系統はフロント部にコネクタがあります。これもこのアンプを手放せない理由の一つです。

Luxman PD444
せっかく3系統あるPhonoですが、かりずまいに持ち込めるプレーヤーは一台のみ。そこでダブルアームのLuxman PD444をチョイス。アームはSAECのWE308Nとオーディオテクニカのロングアーム、AT1501Ⅲ。

CD:Luxmann D-7
ついでにCDもLuxman。このシステムの中で最も新しい製品です。といっても1998年製なので、もう15年前のCDデッキになります。

かつてLuxmanの音を評して「Lux トーン」なる表現がされていましたが、このシステムから出てくる音がたぶん「Lux トーン」なのでしょう。周波数レンジや解像度を追求した音ではなく、まるでホールの指定席で聴いているかのようなプレゼンスに満ちた音。今では貴重な音といえるでしょう。

カートリッジ~その1~2012/05/27 19:08

シュアーV15/Ⅲ

久々にアナログオーディオについてアップします。まずはカートリッジ編。
高校生の頃、初めて買ったレコードプレーヤーはビクターのJL-B44というダイレクトドライブ機でした。このプレーヤーは、ブナの積層合板をくりぬいた贅沢なキャビネット構造を持った力作で、当時からハイCP機として定評がありました。しかし、その分、トーンアームやカートリッジにはコストをかけられなかったのでしょう。付属のカートリッジを、シュアーV15/Ⅲに交換したとき、歴然たるクオリティの違いに愕然としました。最初こそ大人しいと音と感じましたが、それはヘンな癖や歪がないから。聴き込むと、それまで聞こえなかった音が聞こえてきます。これが情報量の違いということかと納得。特に高域に向かうシャープな切れ味が素晴らしく、スティーリー・ダンのシズル感溢れるサウンドは、今でもこのカートリッジでないと物足りません。

ネットワークオーディオ2011/08/13 16:31

自己紹介でアナログ人間と自称しておきながら、デジタルシステムを導入してしまいました。
実は、DMM.comでCDを借りてはHDに落としているうち、このライブラリをオーディオシステムに直結しようと思い立ったのです。

いろいろ調べてみると、LINNのDSシリーズがネットワークオーディオとしての完成度が高そうです。でもお値段も高い。この分野はまだまだこれからのようです。そこでひとまず、手頃な価格でLINNのシステムに近い使い勝手が得られるものをと探した結果、DENONのシステムコンポ、RCD-N7を導入することにしました。

システムは、NASにI/OデータのLANDISK(HDL2-S2)を使用、RAID1でバックアップしています。アンプにDENONのRCD-N7。このアンプは無線通信機能も備えていますが、安定性を考えてLANケーブルで繋いでいます。スピーカーはドイツHeco社のHorizon110。さらにリモコンとしてAppleのiPad2を利用。これにDENONのアプリ、RemoteAppをインストールしました。

ただ、このアプリはiPhone用なので、iPad2の大きな画面が生かせません。その上、スクロールの反応が鈍く、お世辞にも快適とはいえません。そこで、別のアプリを探したところ、PlugPlayerが使えそうだと分かりました。早速インストールし、立ち上げると、DLNA機器を自動的に検出してくれます。素晴らしい。ここで、メディアレンダラーにRCD-N7、メディアサーバーにLANDISKを指定。ブラウズ画面にすると、やった!NASのフォルダが画面に出てきました。反応速度はPC画面のようにはいきませんが、ちょっと待てばiPadにアルバムジャケットの画像が並びます。
ネットワークオーディオシステム

オーディオテクニカAT15012010/10/17 19:58

オークションで落札したものの、もう1年以上も放置してきたオーディオテクニカのトーンアームAT1501。久しぶりにアナログレコードを聴こうと思い、レコードプレーヤーに取り付けてみました。プレーヤーはLUXMANのPD444。しっかり取り付けるにはアームベースに穴を開ける必要がありますが、それができないのでポンと上に乗っけただけ。それでもちゃんとまともな音が出てくれました。アームによる音の違い、というのはあるんでしょうが、この際細かいことは気にしません。古い製品ですが、シンプル・イズ・ベストを絵に描いたような製品です。

AT1501




冬アンプ稼動開始2010/10/09 16:22

だんだん肌寒くなってきました。いよいよ本格的な秋到来です。
我が家のオーディオシステムも冬仕様に衣替えしました。CDプレーヤーとアンプをLUXのD-7とA550に接続変更。A550は純A級アンプなので発熱がすごく、夏場はお休みさせていました。
スピーカーはモニターオーディオのSilverRS5です。このスピーカーはワイドレンジですが音が軽く冷たくなりがち。一方、ラックスのA550は濃厚な音ですが何となくモゴモゴしがち。でも、これらを組み合わせると、双方の欠点が補われて、ちょうど良い塩梅になるのです。

A550は約30年前の製品ですが、今だに手放すことができません。
オーディオ製品にはメーカー固有の音があり、古い製品ほど特徴があります。
最新機種からすれば欠点が多いのでしょうが、どうせこちらの耳も加齢のせいで欠陥だらけです。ごくわずかな音の違いを意識を集中して聞き分けるというより、夏には涼しげな音、冬には暖かな音、といったように、季節に合わせて大ざっぱに音色の違いを楽しんでいます。
この冬システムは、ことにJazz Vocal にぴったりで、人肌のぬくもりを感じさせてくれるところが気に入っています。

メインシステム




さらば愛しのアンプ達2010/09/05 16:35

古いオーディオ製品が好きだ。といっても、マニアが唸るような希少ビンテージ品ではない。70年代末期~80年代前半の、いわゆるオーディオブーム全盛期の高級機だ。当時、電気街の売り場はアマチュア無線とコンポーネントステレオが主力で、毎月のように新製品が発表されていた。ゴッキュウパの価格帯を中心として、10万円台が上級機、20万円台以上なら高級機という健全な時代だった。しかし、当時学生だった身には高級機はとても手が出ず、カタログを見てはタメ息をついていたものだ。

90年代に入るとCDが普及し、誰でも手軽に良い音が手に入るようになった。そのせいか、いつしかオーディオブームは過ぎ去り、入れ替わりにパソコンとネット通信の時代がやってきた。僕もオーディオに対する興味は薄れ、デジタルが切り拓く世界とその可能性に魅了されていった。
そして90年代の終わりから2000年にかけて、インターネットが急速に普及し、新たなサービスが次々と登場してきた。その中にヤフーオークションがあった。ここで、かつて憧れたオーディオ高級機と再会することになったが、あろうことか、発売当時の5分の1から10分の1の値段で落札されていた!昔キティちゃん大好き少女だったオバさん達がキティちゃんグッズを買い漁るがごとく、ヤフーオークションにハマっていったのは、いうまでもない。

こうして、昔欲しかったアンプやプレーヤーをいくつか手に入れ、大いに満足していたのだが・・・。
やはり古い機械に故障はつきもの。お気に入りだったヤマハのプリメインアンプ「A9」とプリアンプ「C70]が相次いで故障してしまった。修理しようかどうしようか悩んだが、おそらくもうメーカー修理はできまい。ちょうど引越しで荷物を減らさなければならない事情もあって、泣く泣く処分することにした。ここに最後の勇姿(?)を掲載する。特にA-9はヤマハらしい優美で繊細な音とデザインが魅力であった。場所さえあれば、いつまでも手元に残しておきたい逸品だった。合唱。

ヤマハのアンプ
上がプリアンプ「C-70」
下がプリメインアンプ「A-9」

CDプレーヤー復活2010/08/16 18:46

音とびがするようになって、もう寿命かなと思っていたCDプレーヤー。ダメモトと思い、カバーを外してピックアップレンズ周りをジェットスプレーで噴射してみたところ、音とびが収まりました。光学系にホコリが付着していたのかもしれません。なにぶんネットオークションで入手した古い機械です。すぐにまた故障してしまうかもしれませんが、それをハラハラしながら使うのも楽しみと割り切っています。

復活した?LINN Karik(下)
Karik

救世主?ジェットスプレー(強力ホコリとばし)
スプレー



アンプが直ってきた。2010/08/06 12:21

修理に出していたプリアンプ、QUAD44が戻ってきました。もう30年以上前の製品なのに、今だに修理可能というのは驚きです。あまり凝った部品を使っていないことも幸いしているのでしょう。一方、LINNのCDプレーヤー、Karikも故障してしまいました。修理に出そうと思って調べたところ、こちらは、もはや修理不能のようです。 アーメン。
QUAD