秋田・青森・函館・札幌2011/10/01 16:10

4泊5日で、東北から北海道にかけて旅行&ハイキングに行ってきました。
まずは、この日に備えてハイキングシューズとザックを新調。最近の山道具は種類が豊富ですねえ。何を選べば良いものやらさっぱり分かりません。。結局、お店の人の薦めに従って、コロンビアの靴とセロトレのザックを購入しました。全然知らないメーカーでしたが、実際に使ってみて、今のところ何の不満もありません。

登山靴とザック

<1日目>五能線の旅・十二湖と不老不死温泉
東北新幹線で秋田に出て、そこから五能線の「リゾート白神」で十二湖へ。途中、海岸線の名所で一時停車。さすがリゾート特急です。

五能線の海岸

十二湖の中では小さな「青池」が一番人気。文字通り、青インクを流し込んだような深いブルーの色合いが印象的でした。写真では再現が難しいですね。

青池

不老不死温泉に向かうバスの車窓から見事な夕陽が見えました。波打ち際の露天風呂から海に沈む夕陽を眺めようとダッシュしましたが、あと一息のところで間に合いませんでした。残念!

不老不死温泉

<2日目>ミニ白神
レンタカーを借りてミニ白神までドライブ。ミニ白神でハイキングシューズに履き替え、ゆっくりコースを1週。森林浴で命の洗濯です。

ミニ白神

<3日目>岩木山と函館山
青森県隋一の高峰、岩木山の標高は1625m。取っ付きから登れば本格的な登山ですが、ドライブウェイとリフトで9合目までいけちゃいます。最後だけチョロッと登って、岩木山登頂成功!

岩木山

岩木山展望

午後は列車で弘前、青森を回って青函トンネルを函館へ。着いたらすっかり夕暮れ。函館山の山頂から海に沈む夕陽を眺めようとタクシーでダッシュしましたが、ここもあと一息のところで間に合いませんでした。残念!でも函館の夜景を堪能しました。ふもとに由緒のありそうな建物が見えたので、帰り途にブラついてみました。歴史建築保存地区だったようです。

函館夜景

<4日目>五稜郭
五稜郭は奉行所の跡地があるのだろうくらいに思っていましたが、よもや再築・復元されていたとは!解説員のお話も面白くて、つい長居してしまいました。

五稜郭

<5日目>札幌と小樽
札幌では北大めぐり。奥の方のモデル地区に、札幌農学校の開校当時の歴史的な建築物が並んでいました。天気はあいにく雨でしたが、濡れた赤屋根が芝生の緑に映えて、なかなか良い雰囲気です。

北大モデル地区

小樽といっても、懐メロ「小樽の人よ」(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)くらいしか思いつきません。しかし、かつては「北のウォール街」と呼ばれたほどの金融都市だったようで、認識を改めました。運河の周囲は当時の雰囲気を偲ばせる建造物が多く残っていました。

小樽の運河

帰りは小樽から千歳空港へ出て空路で東京へ。
長かった列車の旅も、飛行機にかかるとたちどころに帰宅できてしまう不思議さ。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://karizumai.asablo.jp/blog/2011/10/01/6121730/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。