ピアノとヴィオラのコンサート2011/02/20 22:40

山口研生×松実健太のコラボによるピアノとヴィオラのコンサートに行ってきました。会場はめぐろパーシモンホール。何の予備知識もなく、たまたまヴィオラが面白そうなのと、ペアチケットが安かったという理由で行ってみることにしたのですが、これが大正解でした。山口研生のピアノは気合が入っていたし、松実健太のヴィオラはよく唄っていました。曲目も有名どころとマイナーな曲がほどよく取り合わされ、2時間半飽きることなく楽しむことができました。それにしてもヴィオラという楽器の表現力の多彩さには魅せられました。ヴァイオリンよりやや低めで人間の声に近い音域です。弦で奏でる男性の声と女性の声、といったら良いのでしょうか。ときどき、男性の声と女性の声がハモっているような響きが聞こえてきて、ゾクゾクしました。思わぬ拾いモノをして得した気分。これからも、このコラボのコンサートは続けて欲しいと思います。
ヴァイオリン小

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://karizumai.asablo.jp/blog/2011/02/20/5699733/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。